より目の人におすすめのブラウンカラコン

瞳の印象を変えることで、よりかわいらしく、よりきれいに見せることができるカラコンは、若い人を中心に大変人気が高く、今では、ファッションの一部として定着しています。

最近は、瞳の色を変えたり、瞳の大きさを大きくするだけでおしゃれというよりは、自分に似合うカラコンを追及したり、TPOに合わせてつけ変えるようなおしゃれの仕方に変わってきています。

自然でかわいらしく見せることに重点

瞳が大きく見えるようにすることよりも、より自然でかわいらしく見せることに重点が置かれているのです。

より目の人は、目がくりっとしていてかわいらしく、カラコンをせずにそのままでも印象的な瞳をしているので、かわいらしいことが多いのですが、もともとの目の印象が強くても、きつすぎず、かわいらしい瞳になれるブラウンのカラコンが人気です。

やわらかい印象を作ってくれて、うるんだきれいな瞳を演出してくれるカラコンを使うと、より目の人の魅力がさらに引き出され、ドーリーな印象になることができます。

おすすめは、ブラウンのカラコンで、ふちが細くて強調しすぐない物を選ぶと良いでしょう。

ふちが細めの物でも、目の印象が強くなり過ぎていると感じたときには、ふちなしがおすすめです。自分自身の目のかわいらしい雰囲気を保ちつつ、自然な印象で明るくうるんだ瞳になることが期待できます。くりっとした、かわいらしい目の印象を、自然なブラウンで明るく見せると、より瞳の印象がきれいになり、とても魅力的です。

切れ長・切れ目の人のカラコンの選びや立体系の選択

カラコンはその配色やデザインによって周囲からの見え方がガラリと変わるという特徴がある為、自分の目の形状に合ったタイプを上手く選ばないと逆効果にも成り兼ねないという側面があります。
切れ長や切れ目と呼ばれるタイプの瞳である場合、瞳の中で白目の縦のサイズが比較的狭いという特徴があります。その為、着色部分も大きいビックサイズのカラコンを装着すると、黒目ばかり過度の強調され過ぎて白目が余計に狭まり、いわゆる宇宙人目と呼ばれる状態になって印象付けの失敗に繋がります。

ですので切れ長・切れ目の人の場合には、自分の黒目の大きさからあまりかけ離れていないものを選ぶのが良いと言えます。一般的な目安としては、14.0mm辺りまでが望ましいと言えます。

また淵のデザインに関しても細めのものが自然に見えて良いのですが、そうすると自然さ故に強い印象の変化は出し難いという面があります。そこでガラッと大きく印象の変化を狙う場合には、立体系のカラコンを選ぶという方法があります。

立体系のレンズは、黒目が僅かに前に飛び出したように見えて強調させるという効果があります。翻って白目が少し下がる事によって狭く見え難くなるので、切れ長・切れ目の人における問題点も発生し難いのです。思い切った配色や大きさを狙っても自然さが崩れにくいという特徴も持ち合わせているので、カラコンならではの配色を期待するような場合は立体系を使うのが望ましいと言えます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク