膨張色のカラコンでふんわりでか目に

多くの女性が憧れる、大きな瞳になるにはカラコンがおすすめです。

目が小さくて可愛くないというコンプレックス

日本人の多くは、切れ長の目だったり、一重まぶたや置く豚絵だったりするので、目が小さくて可愛くないというコンプレックスが多くなっていますが、目が大きく見えるカラコンを使うと、驚くほど目がぱっちりとした印象になるので、アイメイクの仕上げとして使うことがおすすめです。

カラコンは、おしゃれを楽しむためのアイテムとして定着しており、目の色や大きさ、印象を変えることができるので、ファッションアイテムとして欠かせません。上手に選べば、自然なでか目になることができるので、カラコン選びは大切です。

黒目を大きく見せるために、ふちに色が付いている物があります。黒目を大きく見せることは、実際に目を大きく見せることができるのですが、目が小さくて悩んでいる人が付けると、カラコンを付けていることがはっきりと分かり過ぎてしまい、逆効果になってしまうことがあるので、ふちのない物がおすすめです。

色はヘーゼルやブラウンなどの明るい膨張色だと、薄い色は濃い色よりもふんわりと大きく見える効果があるため、自然に黒目を大きく見せてくれます。

膨張色で、グラデーションになっている物を選べば、自然な印象で、黒目を大きく見せてくれる効果が期待できます。また、グラデーションのパターンを良く見て、より自然なグラデーションになっているかどうか、色の系統が自分の目の色に合っているかどうかを見極めると、より自然でふんわりしたでか目になることが期待できます

幅が小さ目のカラコンでナチュラルアイに

最近は、カラコンがおしゃれとして定着してきているので、より自分のニーズに合ったカラコンをする人が増えてきています。瞳の色を変えているからおしゃれ、ではなく、自分がもっともかわいらしく、きれいに見えるカラコンを付ける人が多くなってきているので、色やグラデーションに加え、サイズにもこだわる人が増えてきているのです。

特に、サイズが大きなカラコンは、瞳が大きく見えすぎて、宇宙人のように見えると敬遠されがちな傾向があります。自分の目の幅に合わせて、一番きれいに見える、黄金比と呼ばれる比率に合わせてレンズを選ぶことがおすすめです。瞳は、大きければ大きいほどかわいいというわけではなく、黒目と白目のバランスがとれていることが、かわいい瞳になるポイントです。

黒目が白目に対して小さいと、ぱっちりとした印象にならないので、ベストなサイズの黒目の大きさにする選び方が、注目されています。

瞳の黄金比率は、白目と黒目の割合が、白目2に対して黒目1になっていることが望ましいと言われています。

目のはじから、白目と黒目、そして白目が、同じ割合であるということです。

カラコンを選ぶ時に、目が小さ目で、これまでの12㎜から13㎜の着色直径だと大きい人には、幅が小さめの着色直径のレンズをつけてみることをおすすめします。数㎜の差で、バランスの取れた瞳になれるかどうか決まるので、鏡を良く見て測ってみたり、実際につけてみて試してみると良いでしょう。

一重の方でも二重になれる

カラコンを入れて目が大きく見れても二重の方には負けてしまいます。

一重の方でも簡単に二重をつくれる美容液があります。

一重がどうしてもいやな場合はぜひ使ってみてください。

ナイトアイボーテの詳細へ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク